FC2ブログ

静岡県グリーンアドバイザーの会 WEB会報

東部支部臨時会

10月21日に東部支部臨時会を開きました。その後、秋の楽寿を見学
東部支部臨時会

スポンサーサイト
  1. 2018/10/21(日) 15:55:28|
  2. * 東部支部より

和田公民館 多肉植物の寄せ植え講座

和田公民館 多肉植物の寄せ植え講座 10月3日 (水) 10:00〜11:30

先日 和田公民館にて サボテンと多肉植物の寄せ植え講座を行いました。受講者は 19人、宮GA を講師に 常島がアシスタントを務めました。
IMG_1635.jpg

多肉植物は種類がとても多いので、皆さんにペーパートレイを渡し バイキング形式で デザインを考えながら 多肉苗を選んでいただきました。
IMG_1626.jpg

思い思いの多肉苗を 講師の説明に沿って植え込んでいきました。
IMG_1628.jpg
皆さん とても真剣に取り組み、もし この作品がお店に並んでいたら 手に取りたくなるような出来映えでした。
寄せ植え多肉

今回の学習を基に、ご自宅でも実践していただけたら 嬉しいですね。
GA 常島



  1. 2018/10/09(火) 13:12:49|
  2. * 志太支部より

島田市ばらの丘公園&ふじの国茶の都ミュージアム見学会

島田市ばらの丘公園&ふじの国茶の都ミュージアム見学会の報告
≪会・事務局・記≫



5/26(土)に島田市の「島田市ばらの丘公園」と、
金谷の「ふじのくに茶の都ミュージアム」の見学会を行い、
GA6名とGA以外の方2名が参加しました。

20180526_163447.jpg

「ばらの丘公園」では園内を散策し、
様々なバラを見ることができました。
天気は曇りでしたが、歩き回るには良い気候でした。
時期的なものもあり、満開になっている株や、
そろそろ花が終わり頃と思われる株もあり、開花状況も様々でした。

20180527_111908.jpg


「ばらの丘公園」の見学を終えた後は、
金谷の「ふじのくに茶の都ミュージアム」へ移動しました。

館内のカフェレストランで昼食を済ませてから、
館内の見学に入りました。

館内には、台湾の烏龍茶の試飲ができるコーナーがあったり、
お茶についての古い文献を展示しているコーナーがあったり、
茶草場農法について展示しているコーナーがあったりするなど、
お茶について様々な視点から紹介されていました。


また、ミュージアムの敷地内には日本庭園や茶室もあり、
こちらも見学することができました。


20180526_163501.jpg

20180526_163514.jpg

今回の見学会では、季節の植物に触れる事が出来たほか、
お茶文化について学ぶ良い機会になったと思います。
  1. 2018/06/10(日) 11:35:35|
  2. * 会からお知らせ

東部支部 春の研修会

4月22日に、東部支部の春の研修会で横浜で開催されている日本フラワーガーデンショー、・横浜フラワーフェスティバルを見学しました。日本フラワーガーデンショーでは、アジサイの新品種、園芸ディスプレー、園芸メーカーの新商品など見て、説明を聞き、皆スキルアップできたと思います。その後、山下公園に向かい花壇など見学しました。最後に、中華街にて食事をしながら談笑し、東部支部の今後の話題など話しなどしました。フラワーフェスティバルにて日本フラワーガーデンショーにて


  1. 2018/05/02(水) 18:54:20|
  2. * 東部支部より

第24回総会報告その2

2018年度(平成30年度)第24回総会・記念講演・会員交流会の報告
                                           ≪会・事務局 記≫

本記事では、記念講演と会員交流会の報告をさせて頂きます。

○記念講演

総会の後、休憩時間をはさんで、記念講演が始まりました。

「時流を見据え、花や緑のおもてなし役のグリーンアドバイザーとし
て、より楽しく、魅力的に活動するための知恵」

と言う演題で、東京農業大学名誉教授の近藤三雄氏に、
ご講演頂きました。


第24回総会スライド記念講演

第24回総会記念講演

 まず最初に、近藤氏の自己紹介。
グリーンアドバイザーの認定制度が立ち上がった時から、
認定委員を務めてこられたということを話してくださいました。


 講演は、レジュメに従って、進められました。

 まず、グリーンアドバイザーのような民間資格は、
「取った人がどのように活かすかが鍵である」
ということについて話してくださいました。
 現在、民間の事業者を巻き込んだ、都市公園の整備がおこなわれており、
そのような場面で、「GAがアイデアを出して、街の緑をプロデュースする」。
 このようなことを通じてGAの社会的認知度を、
高めることができるとのことでした。


 続いて、GAとして認識すべき緑化の事について、
話してくださいました。
その中の一つに、「外来種悪玉論、在来種善玉論は慎重に」
というものがありました。
「日本の在来種である『クズ』は、他の植物の生育を妨げる」、
「一方、外来種である『オオキンケイギク』は、
特攻隊の人が出撃の際に最後に見たり、
家族に贈ったりした花という逸話がある」。
 このように、植物にはそれぞれの生き様や、役割があることを、
実例を挙げて説明して下さいました。
 また、同様に、ディズニーランドの様なテーマパークの植栽は、
夢の国の雰囲気と言う「らしさ」を演出するものになっている、
と話してくださいました。


 次に、公園・まちづくり、都市緑化の時流について、
話してくださいました。
 環境省が行っている、
「みどり香るまちづくり」事業について説明してくださり、
「花の香りがきっかけで、甘美な思い出がよみがえってくる」ことや、
「花の香りが、人を一瞬で幸せな気分にしてくれる」ことについて、
近藤氏ご自身のご経験を基に、話してくださいました。
 加えて、京都(高瀬川)で行われている、
「藤袴アベニューてらまち」事業の実例について、
説明してくださいました。
 また温暖寒防止の為、東京都で屋上緑化が条例で義務化された、
ということを話してくださいました。


 続いて、「グリーンアドバイザーは園芸文化人」
という話をしてくださいました。
その中で、明治の園芸を大隈重信がけん引した、
ということについて説明してくださいました。
「大隈重信は、日本で初めて花束を作り、福沢諭吉が亡くなった時の供え物にした」
と考えられるという、日本の偉人の逸話を紹介してくださいました。
 また、明治期に欧米で開催された博覧会では、「盆栽」ではなく「大作菊」が、
絶賛されたそうです。


 そして、
「静岡の『花や緑』、『観光』の未来は、グリーンアドバイザーの双肩にかかっている。
グリーンアドバイザーの名を高めて下さい。」
と講演を締めくくられました。



○会員交流会

記念講演の後、近藤氏にもご参加頂いて、
ロビーにて会員交流会が行われました。
参加者の皆さんは思い思いに交流を深めていました。


第24回記念総会会員交流会

○会員交流会夜の部

会員交流会に引き続き、会員交流会夜の部が開催され、
GA14名が参加しました。
夜の部でも参加者が交流を深めたほか、
「新しくGAの資格を取った人にGAの会へ入ってもらう為には、
どうしたら良いか」ということや、
「GAのことを知ってもらうためにはどうしたら良いか」
ということについて、意見交換が行われました。


第24回総会懇親会(夜の部)
  1. 2018/02/24(土) 13:34:21|
  2. * 会からお知らせ
次のページ

プロフィール

静岡県グリーンアドバイザーの会

Author:静岡県グリーンアドバイザーの会
平成5年(1993年)10月に結成し、翌年2月に創立。

 会長 佐藤 啓司

 事務局 石原 賢一
E-Mail skywalker-820510@hotmail.co.jp

訪問者数

カテゴリ

* ご挨拶 (1)
* プロフィール (1)
* 会からお知らせ (35)
* お誘い・募集 (2)
* 東部支部より (13)
* 静清支部より (10)
* 志太支部より (12)
* 西部支部より (6)
* 全国のGAの会(公式ページ)リンク集 (1)
* 会・外部のイベント情報 (6)
* 未分類 (0)
* 入会のご案内 (1)
* 会 則 (1)
* 他府県で新しいGAの会を作りたい方へ (1)
* 新しいGAの会を作ろうとする方の連絡先 (1)

最新記事

静岡GAリンク集

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ